2015年4月アーカイブ

「寮費の費用負担は大きい?」

大学生が都会でも地方でも大学に行くために、一人暮らしをすることが多くありますが、予備校の寮に入るのにも、ある程度お金はかかってきます。

ですが最近は統計的にも仕送り額自体減ってきていますが、その穴埋めとして大学生の場合にはアルバイトでまかなうことが出来ますので、最低限お小遣いくらいは自分で何とかする事ができるのではないでしょうか。

ですが予備校によっては、寮生活を送る場合に勉強を重要視するために規則として、アルバイトが禁止されている場合があります。

こうなると自身の生活も、仕送りの軽減による家計を助けるという事も難しくなります。

 

このようなこともありうるので医学部を目指すために、予備校に入り入寮をする予定であるならば親ともよく相談しつつ家計の負担にならないようにしましょう。

慶応進学会フロンティア

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31