タイプ別のニキビ跡を目立たなくする方法

| トラックバック(0)
どんなにお手入れしてもニキビ跡が消えない時には、その原因や種類に合った形でケアを行っていくとよいです。

ニキビは、その種類によっても原因や対処法が違ってきます。

例えば、ニキビが炎症を起こしたためにできてしまう赤みタイプのニキビ跡の場合、ビタミンを含んだ化粧品や美容液が効果的です。

ビタミンはお肌に栄養を与えてくれますし美白に大きな効果を発揮しますので、ビタミンを含んだ化粧品を使うことで、徐々にお肌の赤みを消すこともできるでしょう。

さらに、ニキビ跡がしみになって残ってしまっているときには、ピーリングが最適です。

ピーリングを行うと、肌表面にある古くなってしまったお肌を取り除くことができ、新しい皮膚細胞が生成されるようになります。
お肌に負担のない形でピーリングを行えば、しみを効率的に除去することができます。

このように、ニキビのタイプによって目立たなくする方法には違いがありますので、まずは自分のニキビタイプを把握してみるとよいでしょう。
さらにこちら(⇒ニキビ跡 で書かれています。


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年12月 6日 17:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「胸の脱毛はエルセーヌの光脱毛で決まり」です。

次のブログ記事は「ほうれい線の治療にかかる費用について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31